CONCEPTコンセプト

企業理念

究極のQ.C.Dを目指す企業

Q.C.Dとは、

・Quallity (品質)

・Cost (価格)

・Delivery (納期)

の頭文字を取った、製造業における目指すべき概念とされています。

 

弊社では、この3つに加えて

・Response (反応・対応)も必要と考えます。

 

昨今の時代、求められているのは(Response)も必要ではないでしょうか?

 

これらを踏まえ、お客様が求められるQ.C.Dに応えられる企業体制を、

従業員一同が意識を持ち、サービス向上に努めていきます。

愛知の溶接業の職人は高度な技でご依頼にお応えします

愛知周辺で溶接加工の多くの実績を持つ株式会社政光には、高い技術を持った職人が揃っており、お客様のご要望に丁寧な作業でお応えいたしますので、製缶加工等の事でしたらご相談ください。プロの職人が丁寧に施工する製缶加工は、熱による歪みやひずみの無い高品質な仕上がりに自信があり、プライドを持って、高度なご要望にもお応えしております。
金属加工では、職人の技術によって製品の品質に差が現れてしまいますが、株式会社政光には、知識と経験の豊富な匠な技を持った職人が施工しておりますので、多くのお客様から仕上がりの品質の高さにご満足をいただいております。職人を求人募集しておりますので、高い技術を修得して高いレベルの物づくりを一緒にしませんか、技術については先輩の職人が面倒を見ますのでご応募お待ちしています。

愛知の溶接業者の株式会社政光は高度な技術を持つプロ集団です

溶接の技術を駆使して愛知で数多くの製缶加工関するご依頼を請け負ってきました。素材の切断・抜き加工や曲げ加工、接合加工、穴あけ加工、機械加工、表面処理といった、生活基盤を支える製缶板金の加工技術は、職人による手作業が多く、特に接合等は、人的要素が大きな加工となります。加工において職人の手による工程があるということは、作業者の工程数の削減がコストに直接の影響を与えます。製缶板金の加工品は、その形状は多岐に亘りますが、身の周りで決して欠かすことのできない構造部品として広く使用されています。
まだまだ機械化のできない技術があり、職人が必要とされておりますので、職人さんを募集しております。物づくりをしながら高い技術を修得できるようにフォローしますので、興味のある方はご応募ください。

愛知の溶接業者をご用命でしたらご連絡をお待ちしております

愛知で溶接業の株式会社政光は、ご依頼をいただく時に製品の仕様などを細かく丁寧にお聞きしています。製品のデザインはもちろん、使用用途についてや設置場所が屋内外なのか、どんな素材を希望されているのか、予算や納期等一つひとつお聞きして、お客様のご要望に添うようにヒアリングをいたします。
株式会社政光は、お客様と密に打合せをする事で、ご要望の製品になるように、多彩な技術を駆使して施工しております。高度なご依頼内容で、依頼先を迷われておりましたら、株式会社政光にお任せいただければ、高品質な高い完成度の製品に、きっとご満足いただけます。様々な素材の接合技術だけではなく、機械加工やメッキ加工等も含めた製品の完成までの高い技術ですので、株式会社政光にご相談、ご依頼ください。

愛知で溶接事業者へのよくある質問と回答を掲載しています

愛知で溶接業をしている株式会社政光は、多くのご依頼をいただいてきたなかで、様々なご質問にもお答えしてまいりましたので、たくさんの質問の中から、代表的な質問と回答を、よくある質問のページに掲載してありますので、ご覧いただいて、お客様の疑問を解消してください。掲載されていない疑問については、メール等でお気軽にお問い合わせいただけます。
株式会社政光は、企業様だけでなく個人様のご依頼にもお応えしておりますので、例えばご自宅の門扉等をオリジナリティあふれるデザインでの製作や金属製の外階段の修繕やおしゃれな螺旋階段、暖炉の製作・修理と様々なアイデアでの製作や、あきらめていた物の修理を金属加工の技術を駆使して、お客様のご要望を形にいたしますので、ぜひご相談ください。

愛知の溶接業の株式会社政光がブログを公開しています

愛知の株式会社政光は、溶接加工についてや職人の持つ技術等の解説をブログに掲載しておりますので、依頼先を判断する参考にしてください。ブログをご覧いただいて、何か疑問等がございましたら丁寧にお答えしておりますので、些細な事でもお気軽にお問い合わせいただけます。
また、ブログに職人たちの作業で起きた日々のできごと等も掲載しておりますので、株式会社政光の高い技術だけでなく職人の人柄等も知っていただいて、お客様から多くの信頼をいただけたらと情報を発信しております。製品の接合、加工、組み立て、機械加工、メッキ加工等、一つひとつの高い技術を提供している株式会社政光のブログに製作した製品等もご紹介させていただいておりますので、ご参考までに株式会社政光のブログをご覧ください。