手作業にこだわり続ける溶接職人でありたい

Manual Work

昨今、モノづくり業界ではA・I(人工知能)の開発が進歩しつつある中で、溶接は未だ開発が進んでおりません。

何故ならば、溶接とはその時々の母材の状態(温度・湿度・気温・天候)を見極めて作業をしなければ、溶接欠陥を引き起こしてしまいます。

それらを見極める知能は生身の人間でないと判断出来ないと考えます。

 

その場その場で起こり得る問題点を臨機応変な対応と的確な答え、一人の人間としての経験や勘、そして手先の柔らかさから出来るナチュラルな仕上がり。

 

今後、A・Iが発達しても、溶接職人はそれ以上に進化していくことでしょう。